ごあいさつ

こんにちは。オフィス・キートス 代表の新開潤子です。

私は大学卒業後、雑誌編集者・ライターとして10年ほど活動した後、製造業の機械メーカー兼加工屋に転職し、10年半勤務しました。その間にこの様な方々に出会いました。

□ 会社のホームページがなく、営業や採用で苦労される社長様
□ 良い商品があるのに、PRの仕方がわからず「全然売れない」と途方に暮れるメーカーさん
□ チラシを作るとき、印刷屋さんに製品を理解してもらえず、何度も作り直しても残念な仕上がり
□ 展示会で、真っ白なブースにテーブルと椅子とカタログだけの出展者
□ ものづくり補助金の申請書をがんばって書いてみたが、何度も不採択となる社長様
□ 海外ユーザーとのビジネス交渉で失敗して大赤字を計上した企業

上記のようなケースは全て、私が持つ編集・ライティング(執筆)の技術と語学力・交渉力で解決可能な課題ばかりでした。特に製造業ではライターの技術がお役に立てる伸びしろが大変大きく、大きなニーズを感じておりました。そこで多くの企業やお店の商売繁盛・売上アップのお手伝いをしたいと思い、2016年10月に独立開業いたしました。

おかげさまで多くの素晴らしい出会いに恵まれ、私が得意とする「説明しにくい製品や技術」をさまざまな媒体を通じて言葉にする業務を柱に、多くのものづくり企業をサポートさせていただいてきました。また、「ものづくり補助金 最強の採択メソッド」「中小企業のための補助金ハンドブック」(いずれも日刊工業新聞社刊)などの編著書も発行することができました。

一方、ご依頼を請けられるキャパシティに限界があるため「いつも忙しそう」「なかなか頼みにくい」というお声もあり、ご依頼を請けられない、また時間をいただくこともある状況でご迷惑をおかけすることも増えてきました。

オフィス・キートスの願いは、できれば短期的なサポートではなく、長期的な視点から企業の業績向上、商売繁盛を全面的にサポートすることです。そして、我々は現在も中小企業支援の現場に定期的に入りながら勉強を続けて経験・知見を積み増しており、独自に積み上げてきた「ものづくり×文系」のハイブリッド支援はパワーアップしています。

そこで、このたび独立4周年を迎えた2020年10月より、これまで一部のお客様で対応していた定期訪問サポートを「顧問契約サービス」として提供することにしました。今後は顧問先のお客様に優先的に、当オフィスの知見を全力で投入して参ります。どうかご理解・ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。

2020年10月
オフィス・キートス
代表 新開 潤子

新開 潤子 Junko Shinkai -- 代表・ライター

出版業界で10年、製造業の営業部で10年の実務経験を積んで2016年に独立し、オフィス・キートスを開業。ものづくり企業の商売繁盛を応援するライター兼コンサルタントとして、執筆活動と中小企業支援事業を展開中。

新開潤子

□ 愛知県常滑市出身
□ 南山大学 外国語学部 英米科 卒
□ 新卒で東京の月刊誌編集部に就職し、情報の「集め方」「まとめ方」「伝え方」、写真とデザインの基礎を徹底的に叩き込まれる。
□ その後フリーライターとして独立し、世界43の国と地域での取材・撮影のほか、翻訳、Webサイト制作、輸出入など、様々な業務を経験。
□ 結婚を機に株式会社レーザックス入社。レーザ溶接機の営業、機械装置の輸出入、技術資料の制作&翻訳、広報、ホームページ制作、自社製品のブランドプロデュース等を幅広く担当。
□ 2016年10月に独立し、オフィス・キートスを開業。

新開 豊員 Toyokazu Shinkai -- マネージャー・省エネアドバイザー

オフィス・キートス 新開 豊員

□ 愛知県刈谷市出身
□ 近畿大学 九州工学部 生物環境化学科 卒
卒業研究「溶液膨潤現象を利用した石炭の高効率液化プロセスの開発」で学科長賞を受賞
□ 近畿大学大学院 産業技術研究科 物質工学専攻
修士論文「誘電特性による石炭のキャラクタリゼーション」で研究科長賞を受賞
□ 2017年5月よりオフィス・キートスに参加