オフィス・キートスのミッション

オフィス・キートスは、ものづくりに携わる中小企業の商売繁盛を全力で応援するサポーターです。

商売繁盛をプロデュースする「ものづくりに強いライター」

会社の顔となるホームページや会社案内を作るとき、ただ完成すれば良いというわけではありません。会社の「売り」となっている強みは何か、会社の技術や製品はどんな顧客に求められているのか、そして潜在顧客は製品・技術をどのように探しているのか。これらの要点を押さえてはじめて、商売繁盛につながるPRツールができあがります。

出版業界と製造業、異なる業界で現場経験を積んできた「ものづくりに強いライター」だからこそ、ヒアリングから強みや顧客のニーズを見抜き、それを「言語化」してまとめることができます。そのアウトプット先はPRツールに留まらず、会社の経営方針の明文化、補助金の申請サポート、製造現場の改善、事務フローの改善、社員のモチベーション向上など、ものづくり企業の課題に柔軟に、幅広く対応。

コア技術は「製造業の仕事・技術を言葉にすること」。

オフィス・キートスのコア技術オフィス・キートス 代表の新開は、編集者・ライターを10年、製造業の営業部員10年を経験した後、2016年に独立開業しました。出版業界から異業種の製造業に転職して出会ったのは、素晴らしい製品や技術があるのに「売れない」と嘆く経営者・エンジニアの皆さんでした。

皆さんに共通した課題は「会社や技術の強みを言葉にできない」ということ。それを、「ものづくりに強いライター」なら、言葉にすることができます。

だからオフィス・キートスでは、編集・ライティングの技術を持つ「ものづくりに強いライター」が、キーパーソンに取材・インタビューを行い、ものづくり企業の強みや技術、そしてそこにかける「想い」を「言語化」「見える化」して様々な媒体にアウトプットすることで、ものづくり企業の商売繁盛を応援しています。

オフィス・キートスの体制

オフィス・キートスの体制

オフィス・キートスは日頃から、業界・業種の垣根を完全に無視して幅広く活動しています。当オフィスだけで解決できない課題は、業界の垣根を越えたネットワークを活用してサポートします。

アウトプットの例

【経営計画】
・経営理念、企業スローガン
・BCP対策

【ブランディング】
・ロゴマーク、ブランドイメージ
・会社案内、ホームページ
・製品カタログ
・展示会出展プロデュース

【商品開発】
・商品企画
・ネーミング、コピーライティング
・パッケージデザイン

【補助金】
・補助金申請用 事業計画書

【執筆】
・雑誌、書籍、Web向け記事 etc…