製造業の商売繁盛を複数の視点からサポートするオフィス・キートスは、2019年より、これまで個別対応しご好評を頂いていた「工場の省エネサポート」を、よりメニューを充実させて取り組んでまいります。その理由は以下の3点です。

  1. 気候変動、待ったなし
  2. マネージャー新開の「省エネ診断」が好評
  3. 株式会社リミックスポイントとの業務提携が実現

項目ごとに見ていきます。

1.気候変動、待ったなし

これから地球温暖化の流れは避けがたいものと予測されており、地球で暮らす我々は、そのことをきちんと考え、対策に取り組んでいかなければなりません。

昨年来、環境や省エネに関する経済産業省のセミナーに何度か参加して、既に「地球温暖化(Global Warming)」という呼び方は古く、現在は地球温暖化とその影響(海水温上昇、海氷の減少、降雨量の増加など)を包括的にとらえた「気候変動(Climate Change)」という呼び方が一般的になっていることを知りました。

「当オフィスも地球に暮らす一員として何かできることはないか」と考えておりました。

2.マネージャー新開の「省エネ診断」が好評

オフィス・キートスのマネージャー新開豊員(とよかず)は、大学・大学院でエネルギーについて研究していた経験から、エネルギーについての基礎知識を持ち合わせておりました。そのため2017年以降、リクエストベースで「省エネ補助金の申請サポート」や「省エネ診断」をお請けしてきたところ、「ちょっとしたことでこんなに電気代が削減できるなんて」「機器の購入に補助金が使えて大変助かった」との喜びの声をいただきました。

電気代等のエネルギーコストの削減は、工場の利益を増やすことと同じです。当社の顧客である製造業の皆様にもプラスになると考え、2019年より事業として本格的に取り組みを開始しました。

3.株式会社リミックスポイントとの業務提携

オフィス・キートスは、2018年12月より株式会社リミックスポイント(本社:東京都港区、東京証券取引所第二部【3825】)の代理店となり、業務提携を開始いたしました。これにより、従来はスポット対応していた「工場向け省エネサポート」について、より総合的にサービスを提供できるようになりました。

省エネアドバイザーよりメッセージ

(一社)省エネルギーセンターの試算によると、売上に対する営業利益を2%とした場合の省エネによるコスト削減額30万円は、売上1500万円増の場合の営業利益に相当します。

工場における省エネの取り組みは、「温室効果ガスの排出量を削減して温暖化抑止に貢献する」という社会的意義だけでなく、会社の利益を増やすことに直結します。

オフィス・キートス 新開豊員コストをかけずに取り組める省エネ方法もいろいろありますので、ぜひ一度ご相談ください。

オフィス・キートス
マネージャー・省エネアドバイザー
新開 豊員